保湿の正しい方法とは

乾燥肌の人が肌に痒みを感じたことをキッカケにして、結果的にアトピー症状を発症してしまうケースは多々あります。そのため、アトピーの原因が単なる肌の乾燥ということもあるのです。

化粧水もちろん、そのほかにも原因は様々なものがあり、それこそアレルゲンを持ってしまっている方もいますので、そのような方の場合には特定したアレルゲンを身の回りから排除することを優先して考えてたいものですが、調べても原因がよくわからない場合には肌の乾燥が原因となっている可能性もあることを覚えておきましょう。

冬場には肌が乾燥しますが、それ以外の季節においても肌が乾燥してしまうこともありますので、年間を通して肌をしっかり保湿しておくことを考えてください。また、アトピーがよく生じてしまう場所に関しては特に念入りに保湿しておきましょう。

保湿をおこなうことで肌が乾燥している状況を脱することができ、それが常時ということであれば、肌が痒くなるということも少なくなるといわれています。そのため、まずは乾燥肌との決別を意識しましょう。お風呂上がりのタイミングなど、肌が潤いを欲しているようなタイミングで、保湿ケアをおこなってください。きっと保湿による効果が実感できるのではないでしょうか。

今日でアトピーと決別