肌の保湿が与える影響

ストレス子供がなることの多いアトピーに大人がなってしまうのは、その人自身の最近の生活習慣に何かしらの原因があることが考えられます。たとえば過度なストレスや疲労がその原因となることも多いです。また、睡眠時間を十分にとれていない、喫煙の習慣があるなどといった行動が原因となっている場合もあります。そのため、アトピーを防ぐ意味では生活習慣を見直すことが大切でしょう。

しかし、同時に覚えておきたいのが肌に対するケアです。そもそも肌に赤みが生じてしまっている場合や、かなりのかゆみが生じてしまっているような場合であっても、アトピーの第一歩は肌が乾燥していたために痒いと感じて、無意識のうちに掻いてしまい、それが要因となって徐々に肌を傷めていき、アトピーになってしまうということもあるのです。

そして、アトピーになると余計に痒くなるためにまたその場所を掻いてしまって、さらに悪化させることもあるのです。このような悪循環を断ち切ることも大切ですが、そもそも肌にかゆみを持たせないために大切なのが、肌の保湿をしてあげることです。肌が乾燥しているとアレルギー症状がない方であっても痒みを感じることがあるので、まずは保湿してあげましょう。

保湿の正しい方法とは